フォト

FLYTEAM

  • FLYTEAM/MEMBER:

江戸切子-1(グラス)

  • 籠目ニ菊繋文天開ミニロック
    江戸切子、日本の美。 切子の素晴らしさを堪能ください。 (ほかに2部門、3部門に分けアルバムにしてあります。

江戸切子-2(酒器)

  • リキュール杯
    切子の酒器と小物達。 芸が細かい。酒も美味しい。

江戸切子-3(花瓶、器、その他)

  • 蓋付小鉢
    切子は、グラス、酒器、の他にも素晴らしい逸品があります。
無料ブログはココログ

アジア

2016年11月28日 (月)

B-18361、チャイナエアライン、「雲門舞集」塗装、A330-300

チャイナエアラインの「雲門舞集」特別塗装機です。
チャイナエアラインは特別塗装機を多数飛ばしています。
本機はその中でもチョット凝っています。

左側面です。
Br_b18361_0323b
ダンサーが前後に各1名描かれています。

右側面です。
Br_b18361_0359
前に一人、後に二人です。
4ヶ所すべて異なったデザインになっています。

左前。
Br_b18361_0333a
前脚に点灯されている、タクシー灯が輝いています。

右前
Br_b18361_0354

左後
Br_b18361_0336a
右前と左後でセットになっているように見えます。
右前が前向き、左後が後向き。

右後
Br_b18361_0367
これも、左前と右後がセットのようです。
女性ダンサーの一人と二人。
いかがでしょうか。

当機は夕方17時過ぎ、B滑走路34Rに着陸しました。
Br_b18361_0289a
夕方のため、すでに「滑走路灯」「誘導路灯」が点灯されています。
タッチダウン時のメインギヤ発煙を後ろに引いている。

ターミナルへのタキシングです。
Br_b18361_0378
退避路B2を左折しBタキシーウエイをターミナル2に向けタキシングを開始しました。

特別塗装機は魅力です。飛行予定を探すのが大変です。

航空会社: チャイナエアライン航空(China Airlines)、 台湾
機体型式: Airbus A330-302
機番Reg: B-18361

2016年11月22日 (火)

B-22311、トランスアジア航空。

台湾のトランスアジア航空が、11月22日に解散を決めたもようです。
22日より、全便の運休を実施しており、以降も継続予定。その後の運航は全く決まっていません。
過去2度の飛行機事故がありその影響が強かったようです。子会社のLCCのVエアーはすでに停止しており、これも含め今後の運営も未定のようです。

21日に成田空港への最後の飛来を撮りたかったのですが、あいにく雨模様のため撮影に行けませんでした。
17日に撮影した、B-22311機が私の撮った最後の機となりました。

Br_b22311_1958
機体は、Airbus;A320-232です。
A滑走路、34Lより離陸待機中を撮っています。

A320の前景は、
Br_b22311_1940a
B737と同クラスの小型機です。後のジャンボB747機と比べると大きさがよくわかります。
翼端に小さなウイングチップが付いているのが特徴です。
(1番目の写真で翼端に赤いものが付けられている)

更生が決まり、再度飛来できることを祈るばかりです。

TransAsia Airways トランスアジア航空
機番(Reg) : B-22311
型式      : Airbus;A320-232

2016年11月21日 (月)

HL-8033、 チェジュ航空、ソン・ジュンギ塗装

韓国の航空会社: JEJU AIR(チェジュ航空)の特別塗装機。
韓国の人気俳優「ソン・ジュンギ」塗装です。
このシリーズは私の知る限りでは3種類あるようです。
この機の塗装は、左右が全く異なります。

では、左側を。
Br_hl8033_1158a
ソンジュンギ4態が描かれています。
ちなみに、後2タワーは、右;旧、左新です。

右側は、
Br_hl8033_0142a
中央にはヤシの木の下に女性が椅子に座っています。
尾翼のマークは通常「ニコニコマーク」と呼ばれるシンボルマークです。
ただしこれは「旧塗装」であり、「新塗装」では「水玉」模様になっています。

このように左右が違ったデザインですとたいがいは一度に撮れませんので違う日に再度狙うこととなります。
上は、10月20日に、A滑走路、34Lよりの離陸待ちを狙ったものです。
下は、10月6日に、B滑走路に着陸し、退避路B4からノースホールドをターミナルに向けタキシングをしているところです。

次に、この機の正面です。(これは10月20日に撮影しています)
Br_hl8033_1133a
本機はBoeing737の小型機です。
エンジンカバーの下部が若干平らになり、三角オムスビを連想させる形状になっています。
機高が低いため地面との接触を避けるためと思われます?
また、翼の端がせり上がっています。上2枚の写真が良くわかります。
ウイングレットと呼ばれ、各社各機で様々な形状が有ります。
B737は大きく跳ね上がっているのが特徴です。
翼端の乱気流を制御し、燃費向上が図られるといわれています。

最後に離陸上昇中写真を1枚。
Br_hl8033_0392a
これは、当機がA滑走路34Lより離陸し上昇中のところです。
この日は見通しが良く、滑走路の延長線上にある筑波山が現れています。
この日は北風対応でしたので、北、筑波山方向に向かうことになります。
この写真は11月9日に撮ったものです。

このように、1機体を前後左右から撮ろうと思うと数日必要となります。
飛来予定を見つけるのが大変です。

航空会社: JEJU AIR ジェジュ航空、 韓国
機番(Reg): HL-8033
シリーズ: Boing737-800
型式:    737-8AL