フォト

FLYTEAM

  • FLYTEAM/MEMBER:

江戸切子-1(グラス)

  • 籠目ニ菊繋文天開ミニロック
    江戸切子、日本の美。 切子の素晴らしさを堪能ください。 (ほかに2部門、3部門に分けアルバムにしてあります。

江戸切子-2(酒器)

  • リキュール杯
    切子の酒器と小物達。 芸が細かい。酒も美味しい。

江戸切子-3(花瓶、器、その他)

  • 蓋付小鉢
    切子は、グラス、酒器、の他にも素晴らしい逸品があります。
無料ブログはココログ

遠景(季節、天候、等)

2016年12月 1日 (木)

JA828A、B787機とトンボ

飛行機を撮っていると、鳥等が一緒に写りますが今回はトンボが写り込みました。
撮影日は8月1日です。

Ja828a__0311b
左翼の先に入りました。
翼の先上に停まったような写真になると上出来だったのですが、なかなかそうはいきません。
連写していますので何枚か確認しましたが、これが一番近いものでした。
一瞬の偶然ですので狙って撮れるものではないですね。

ひこうきの丘より、A滑走路34Lにアプローチ中を撮影。
機の腹、衝突防止ランプが赤く点灯しています。

機体概要
航空会社: ANA
機体形式: Boeing787-881
機体シリーズ: 787-8 Dreamliner
機番Reg:  JA828A

2016年11月26日 (土)

スーパームーンの五日前

11月14日は「スーパームーン」でした。
当日は生憎の曇り空でした。
その五日前に撮った写真を紹介します。

Br_1109_sm14_1000a
11月9日 13時48分に撮影しています。
A滑走路34L側の「ひこうきの丘」より狙っています。
飛行機は、JALのB787機です。
ちょうどうまい具合に、月と飛行機が重なりました。 また、スーパームーン直前ということで月も大きく撮り込めています。 さらに日中ですので月が白く輝いています。

機は、反対側のB滑走路34Rにアプローチ中です。
飛行機の距離は、直線距離にして約5km、高さは約1600フィート(約500m)程度と思われます。所有レンズではこの距離の機体を鮮明に捉えるのはかなり難しいです。
で、判断できるところまでトリミング拡大をしています。

同日、時間と場所を変え撮影したのが次の写真となります。
Br_b6075_0455
これは、15時13分、A滑走路16R(1枚目写真の場所と、滑走路の反対側となる)にて撮影したものです。34Lから離陸していく機を狙っています。
2時間程度後となりますが、月は若干上空に上り大きさはそれほど感じません。また、飛行機は頭上ギリギリを上昇していくため、引いた写真となります。
時間と場所が変わると、月と飛行機のマッチングが難しくなります。

機は、中国国際航空の「Airbus;A330-243」型機です。「紫金塗装」と名付けられた特別塗装機です。機番Regは「B-6075」です。

右サイドに置いてあります「日捲りカレンダー」は、月の出、日の出、等が見れ非常にすぐれものです。今回のように自然を相手にするときは非常に便利です。

かように、自然を撮り込んだ写真にしようとすると、天気、時間、場所とかなり制限がされ、思ったような写真を撮ることはかなり難しくなります。
スーパームーン当日の写真ではありませんが直前ということで!

2016年11月 3日 (木)

虹と飛行機

チョット季節外れになりますが、めったにないチャンスでのショットです。
8月1日の撮影になります。
気づくのがおそく、虹が不鮮明になっています。
もう少し早く気が付けばもう少し鮮明だったかも。
(もともと濃い虹ではなかったようですが)

Br_img_0446

このような写真が撮れるのは本当に稀です。
撮影はA滑走路34L端付近の「ひこうきの丘」から、B滑走路34Rにアプローチしているところです。 飛行機は、高度も含めて約5km?ほど先を狙っています。
JAL機で機種はたぶんBoeing737です。
(私の所有レンズではここまでです)

同様な写真は、来夏迄お預けです。