フォト

FLYTEAM

  • FLYTEAM/MEMBER:

江戸切子-1(グラス)

  • 籠目ニ菊繋文天開ミニロック
    江戸切子、日本の美。 切子の素晴らしさを堪能ください。 (ほかに2部門、3部門に分けアルバムにしてあります。

江戸切子-2(酒器)

  • リキュール杯
    切子の酒器と小物達。 芸が細かい。酒も美味しい。

江戸切子-3(花瓶、器、その他)

  • 蓋付小鉢
    切子は、グラス、酒器、の他にも素晴らしい逸品があります。
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ

2016年12月

2016年12月 3日 (土)

HL8021、16L、「お手振り」

前回、B滑走路16Lでは、パイロットとのお手振り交換ができることを紹介しました。
今日は「お手振り」なるものを紹介しましょう。
前回記事の「16L周辺図」も参照ください。

B滑走路「34R」にランディングし16L迄滑走してきたところです。
Hl8021_0804
ちょうど、滑走路から左に離れ「B2高速脱出路」(ブラボーツーと呼びます)に入り込んだところです。

Hl8021_0814
「B2」から平行誘導路「B‐TWY」に出る直前です。前の金網が空港の境フェンスです。
この状態が、東雲の丘、展望台と飛行機の最短距離になるところです。
約150mほどとなります。 機がB737の小型機ですので写真はそれほど感じないかもしれませんが実際は目の前直前です。素晴らしいですよ。
この写真ではまだ良く判らないかもしれませんがパイロット達はもう手を振っています。

拡大してみましょう。
Hl8021_0814a
手を振っていますね。(拡大してみてください、まだ判りづらいですが)
パイロットと副パイロットともに振り返してくれています。

Hl8021_0840
正対面後、引き続き左折し誘導路に入りました。
横向きになりますので、副パイロットが面前になります。

拡大してみましょう。
Hl8021_0838
まだパイロット達は振り続けてくれています。
パイロットがサングラスをかけているのまで判ります。
展望台は南に位置しますので、ちょうどコクピットに日光が入った状態を見ることになります。
展望台から離れるまで、手を振り続けてくれるのは副パイロットです。

当然ですが常に行われるわけではなく、、展望台にギャラリーが多く、特に子供、女性が手を振ると確立が高くなります。 ですので、土日祭日天気の良い日を狙い出かけ、みんなに「サー、手を振りましょう」と協力していただき行っています。
老若男女、大人子供、みんなに人気で、特に女性は感激しています。
癖になります。東雲の丘、名物「お手振り」でした。 ここしか無いでしょう。

飛行機概要
航空会社: ティーウエイ航空。 韓国。
機体形式: Boeing 737-800
機体シリーズ: B737-8GJ
機番Reg: HL8021

2016年12月 2日 (金)

「東雲の丘」、B滑走路「16L」の撮影スポット

B滑走路北端に当たる「16L」に隣接する撮影スポットを紹介します。
ここは成田周辺で飛行機と一番近い距離で対面できる所です。

(図1)以前紹介しました、成田空港周辺図を参考に載せます。
Br_a

(図2)「東雲の丘、シノノメノオカ」、「16L」図です。
Bru16_1000
図1、左上の、B滑走路左端「北端」を拡大したものです。
B滑走路は、第二ターミナルの東側に平行滑走路として設置予定であったが用地買収が進まず、やむなく北側に伸ばし2500mの短い滑走路として運用を開始したものです。
よって、空港全体で見れば北に突き出た離れのようになっています。
したがって「16L」は北の外れとなります。
第三ターミナルまでは約3kmほど、第一ターミナルまでは約5kmも先となります。
その「16L」のすぐ脇、空港フェンスを挟みチョット高台になった展望台があります。
初めて見たときは「古墳の跡」かと思われるような形をしています。
また、この16Lの下を国道51号線がトンネルで走っています。

南風対応時は、「16L」から、写真右下方向「34R」に向け滑走離陸していきます。
展望台フェンスから16Lの文字離陸待機位置迄約340mほどです。
エンジンをふかしてテイクオフする様子がダイナミックに見れます。

北風対応の着陸後が此処の楽しみとなります。
34Rにタッチダウンした機は16Lに向かってランニングしてきます。
B737型機やA320型機の小型機は「B4高速脱出路」を左折し平行誘導路に出てターミナルに向かってしまうため、展望台よりチョット離れてしまいます。

B767型機やA330型機以上の中大型機は「B2脱出路」迄来て左折し誘導路へと出ていきます。
このときは、展望台と飛行機コクピットが正対面します。写真で赤線で示したように距離にして「150m」ほどしかありません。こんなに近くで運航中の飛行機と対面できる所はここしかありません。 B747ジャンボ機と正面対面の迫力は圧倒されます。

ということで、ここでは見物客とパイロットと手を振りあういわゆる「お手振り」と言われる写真が撮れます。こんなこともできるのはここだけでしょう。
「お手振り写真」はおいおい紹介していきます。

さらに、ここはあまりにも滑走路と近いため、ジェットエンジン燃焼ガスのあの独特の臭いも体験できる場所です。

長くなりましたが最後に、此処の難しい名称の由来を看板で紹介します。
Photo

Photo_2

2016年12月 1日 (木)

JA828A、B787機とトンボ

飛行機を撮っていると、鳥等が一緒に写りますが今回はトンボが写り込みました。
撮影日は8月1日です。

Ja828a__0311b
左翼の先に入りました。
翼の先上に停まったような写真になると上出来だったのですが、なかなかそうはいきません。
連写していますので何枚か確認しましたが、これが一番近いものでした。
一瞬の偶然ですので狙って撮れるものではないですね。

ひこうきの丘より、A滑走路34Lにアプローチ中を撮影。
機の腹、衝突防止ランプが赤く点灯しています。

機体概要
航空会社: ANA
機体形式: Boeing787-881
機体シリーズ: 787-8 Dreamliner
機番Reg:  JA828A

« 2016年11月 | トップページ