フォト

FLYTEAM

  • FLYTEAM/MEMBER:

江戸切子-1(グラス)

  • 籠目ニ菊繋文天開ミニロック
    江戸切子、日本の美。 切子の素晴らしさを堪能ください。 (ほかに2部門、3部門に分けアルバムにしてあります。

江戸切子-2(酒器)

  • リキュール杯
    切子の酒器と小物達。 芸が細かい。酒も美味しい。

江戸切子-3(花瓶、器、その他)

  • 蓋付小鉢
    切子は、グラス、酒器、の他にも素晴らしい逸品があります。
無料ブログはココログ

« B-18361、チャイナエアライン、「雲門舞集」塗装、A330-300 | トップページ | JA828A、B787機とトンボ »

2016年11月29日 (火)

N251TD、G-Ⅵ、 ビジネス機

小型ビジネス機です。
成田にはプライベート機も飛来します。海外よりですので小型ジェット機がほとんどです。

Br_n251td_wilmington_trust_co_trust
機は、A滑走路34Lにアプローチ中です。
小型ビジネス機ですので、B滑走路2500mに降りるのかと思いきや、A滑走路4500mにもその日の状態で着陸してきます。
小型機ですので、着陸離陸も距離を必要としないため、着陸早々に滑走路の途中から誘導路に脱出していきます。

Br_n251td_3712a
写真は、A滑走路16Rからの離陸待ちをしているところです。
尾翼はT字型で水平安定板が上部に付けられています。
主翼は判りずらいですが、三角形で見た目より広い面積を持っています。

正面の面構えは、
Br_n251td_3701
エンジンが、何か昆虫の目を連想させませんか。
この正面面構えが私は気に入っています。
主翼の先はそり上がったウイングレットとなっています。
右エンジンが、着陸ブレーキとなるカバーが開いているのが見れます(逆噴射用?)。当然通常は左エンジンのように閉まっていますが。

では、ビジネスジェット機の大きさを比較してみましょう。
Br_n251td_0273ac
写真は、A滑走路34Lより離陸に向け「ホールディングベイ(待機場)」に入るところです。
後には、「日本貨物航空」のジャンボ機B747が駐機しています。
ジャンボ機の後部程度しかないです。小いささがよくわかります。
ビジネスジェット機は私の好きな機でもあり、また紹介しましょう。

最後に、本機概要です。
所有: 「Wilmington Trust Company」法人。
機体: 「Gulf Stream Aerospace、ガルフストリーム アエロスペース」社
形式: 「G650(GⅥ)」。
     尾翼付け根にジェットエンジンを2機付けた、双発ジェット機です。
機番Reg: 「N251TD」。

« B-18361、チャイナエアライン、「雲門舞集」塗装、A330-300 | トップページ | JA828A、B787機とトンボ »

ビジネス機(小型機)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« B-18361、チャイナエアライン、「雲門舞集」塗装、A330-300 | トップページ | JA828A、B787機とトンボ »